<< ☆パーティー! 無事任務完了☆ | main | ご報告 文部科学省の後援! >>

聴く力 × 心に留める力 × 実行する力

こんばんは。

朝夕はめっきりと冷え込むようになってきました。

まだインフルエンザの予防接種をしていないので、いかなきゃ・・・と

思いつつ行けていないorz



さて、みなさんもご存知のようにFacebookで女子力アップin名古屋を

主宰しておりますが、ど〜してもFacebookにおいては、

メイクの課題だとみなさまの評価は高いのにも関わらず、

コミュニケーションやマナーに関するとメチャクチャ低いのです(泣)

でも、負けじと書きます!!




『おしゃれしていて素敵な女性は、人一倍に気を遣うことができ、

優しく接することができなければならない。』

これが、私の目指す素敵な女性であり、ぜひとも共感して頂けたら

うれしいなぁ〜という思いです。


流行のものや高価なものを身に着けていても、

挨拶できない女性は「どんでもないことでございます!」です!!

外見が素敵であればあるほど、生き方もきちんとしているというか、

そんなところにも美学を持っていたら素敵だな〜と思うのです。

私も日々精進。 至らないことも多いのでガンバリマス。




阿川佐和子の「聞く力」がミリオンセラーになったようです。

話しが上手い人ほど話しを聴くのがうまいと言われているし、

ソロモン王は「賢者は聞き、愚者は語る」と言っています。




聴くことはコミュニケーションの基本であり、

話し手の感情に合わせた表情をし、

適切なポイントで相づちをうち、

話し手が語ったことを他の表現に置き換えて「〜ということですよね」と

と確認をする。

などなど、相手が楽に話せるような状況を作るというのが

主に「聞き上手」といわれるポイントです。



ではもっと相手と深く関わりあいたい場合、

異性同性に限らず、どうすればよいのか・・・

ここが問題です。


さて、どうしますか??


「話を聞く」インタビューである場合は、その場限りでいいんです。


でもその人と「もっとお付き合いをしたぁ〜い!!」と感じているときは

「聞きっぱなし」ではなくて、その時に聞いた内容を心に留めておくことが必要。



これは、しっかり向き合って話しを聴くという状況だけではなく、

普段の会話の中に、なにげに相手がつぶやいた様な内容でも、しっかり聴いて心に留めて、

何かの機会にそのことから相手の心の中のヒントを導き出し、コミュニケーションを

発展させるということ。


例えば、簡単な例でいえば、

「あ〜今度美味しいハンバーグが食べたいな」と

何の気なしに友達や彼やパートナーがつぶやいたとき、

それをしっかり心に留めておいて、次のときに実行にうつすのです。これに大きな意味があり!



「この間、こんなこと言っていたから、今度のデートはここなんてどう?
ハンバーグ、とっても美味しいらしいよ!」



と提案すれば、相手だって「あ〜覚えてくれていたんだ」と

喜ぶし、「行こうよ!」ってな話の展開になる可能性も高いです。


たとえひねくれ者で(笑)、「もう今はその気分じゃないよ」と

言われたとしても、「覚えてくれていた」ということは

嬉しいはず。





相手が異性の場合で、

「うわぁ、なんで前のこと覚えてんの! 重いな・・・」と思っているのであれば

そのような人からは手を引くべき!!!!!

人の気持ちがわかりっこないし、感謝という気落ちをどこかに置き忘れている

人だと思うから。




気になる人がいれば、その人が気になっていること、好きなこと、キライなこと

もういろんなことが会話にでているから、全てを心に留めて

一つずつでもいいから実行すると違うと思います。


会社の人間関係、友達関係、すべてがそこからが始まりだと思っています。


先日のパーティーで「好奇心旺盛な女性は素敵」だと

お話しをしたのですが、このときは大きな意味合いで

「色んなお店を知っている」「アクティブになんにでも取り組む」などという

一般的なことを言いましたが、繊細な好奇心もとっても大切なんですね。

目の前にいる人に好奇心マックスで立ち向かう。


そして、実行に移すこと・・・一番、相手に伝わります!

これこそ、本当の聴く力の底力かもしれません。

※聞くは自然に耳に入ってくる音で、「聴く」は心を傾けて聴くという違いデス。

株式会社ウイッシュ
鈴木 結美子




株式会社ウイッシュHP
http://wwish.jp


女子力アップin名古屋

Twitter













at 21:00, 鈴木結美子 株式会社ウイッシュ 代表, マナー

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:http://wwish.asia/trackback/519